本文の開始

入院について

Outline

済生会について


明治44年2月11日、明治天皇は、桂太郎内閣総理大臣をお呼びになり、恵まれない人々のために施薬救済の途を講ずるように」というご趣旨の『済生勅語』に、お手元金を添えて下賜され、これをもとに同年5月30日に恩賜財団済生会が創立されました。

現在は、社会福祉法人恩賜財団済生会として、有馬朗人会長のもと、全国40都道府県に支部を設置し、病院や老人福祉施設児童福祉施設、老人保健施設など380余の施設を経営しています。

創立精神を受け継ぎ、全国各地で保健・医療・福祉の向上のために様々な活動を展開しています。

 済生会の紋章

初代総裁の伏見宮貞愛親王は、創立当時、済生会の事業についてのお心を、次のような{撫子の歌}としてお詠みになりました。済生会の紋章は、それにちなんで、いつの世にもその主旨を忘れないようにと、撫子の花に露をあしらったものです。

PageTop


ページの終了