about

HOME  >  当院について  >  回復期リハビリテーションについて

回復期リハビリテーション病棟について

1.回復期リハビリテーション病棟とは

回復期リハビリテーション病棟は、脳血管疾患または大腿骨頸部骨折などの病気で急性期を脱しても、まだ医学的・社会的・心理的なサポートが必要な患者さんに対して、多くの専門職がチームを組んで集中的なリハビリテーションを実施し、心身ともに回復した状態で自宅や社会へ戻っていただくことを目的とした病棟です。

回復期リハビリテーション病棟入院基準

回復期リハビリテーション病棟へ入院する対象者は、厚生労働省が疾患などの条件や入院期間を定めており、専門の医師による診断が必要です。
たとえば、脳梗塞や脳出血などの脳卒中、大腿骨頸部骨折、脊髄損傷、頭部外傷、肺炎や外科的手術の治療時の安静による廃用症候群などでは発症または手術後「2か月以内」、股関節・膝関節の神経や筋、靭帯損傷後は「1か月以内」などです。
対象疾患や入院期間などは次の表をご参照してください。

疾患 発症から
入院までの期間
最大入院期間
脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症又は手術後、義肢装着訓練を要する状態 2ヵ月以内 150日
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頚髄損傷及び頭部外傷を含む多部位外傷 180日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節もしくは膝関節の骨折又は二肢以上の多発骨折の発症後又は手術後の状態 2ヵ月以内 90日
外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後または発症後の状態 2ヵ月以内 90日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靱帯損傷後の状態 1ヵ月以内 60日
股関節又は膝関節の置換術後の状態 1ヵ月以内 90日

2.回復期リハビリテーション病棟の特徴

「リハビリテーション病棟」では、急性期の治療を終え、自宅や社会に戻ってからの生活を少しでも元に近い状態に近づけるためのリハビリテーションを専門に行います。入院期間は疾患・状態により異なりますが、最大180日のリハビリテーションを1日最大3時間行い、社会・在宅復帰をめざします。
厚生労働省により、1日最大9単位=3時間(1単位=20分)までと長時間のリハビリが認められています。患者さんの体への負担を考慮しながら、長時間リハビリを続けるのが難しい状態のときは1単位20分や2単位40分と1回のリハビリ時間を短くし数回に分け、状態の良いときには、60分を3回行うなど体調や年齢に合わせて行います。
回復期リハビリテーション病棟の特徴は、最大3時間のリハビリ訓練だけでなく、起床から就寝までの間、食事や着替え、歯磨きや整容、排せつなど日常的な動作も含めた生活そのものをリハビリととらえた生活援助が受けられること。夜間の排泄時の介助なども含めた、24時間365日のサポートが大きな特徴です。
他にも、安心してご自宅に帰れるよう、退院前に患者さんと一緒にご自宅へ伺い、家庭内の改修・補助器具導入の調査や自宅の段差などに合わせて強化したい訓練の見極めを行う家屋調査。また、退院後に使える介護保険申請のお手伝いや各種サービスの調整など、在宅への復帰に向けてさまざまな取り組みが行われています。