Recruit

HOME  >  採用情報  >  研修体制

教育・研修体制について

教育目標

自己教育と相互支援

育成方針

  1. 組織目標と個人目標を統合させ、実践能力の開発ができる看護職員を育成する。
  2. PDCAサイクルでエビデンスに基づき実践する看護職員を育成する。
  3. 個々の実践能力の開発は、リハビリ職員及び看護職員相互で支援する。
  4. 組織は、個々の実践能力開発を自律的に遂行するための支援をする。

院内研修

当院のクリニカルラダー

当院では、安全で安心な看護・介護を提供するために、一人ひとりの看護師が主体的に自己育成できるシステムとして「臨床看護実践能力の評価基準」を示したクリニカルラダーを活用しています。レベルⅠ(新人)は特別な期間です。リアリティーショックから脱却し、社会人のコモンセンスを学び、変則勤務に対応する術を徐々に習得する期間です。そのために個々のペースに合わせたステップアップをサポートします。また既卒者でも離職期間や背景によっては、これを導入できます。また、当院は,准看護師も病院の大きな戦力です。レベルⅠまでを准看護師を対象としますが、その先のキャリアアップについては、看護師資格を取得してもらいたいと考えます。

1.院内研修計画

H30年度のメインテーマ「後進の育成に参画する~みんなで育て合おう」

看護師院内研修一覧

Ⅰ 新規採用者
  • ・新規採用者オリエンテーション (本年度採用者および、前年度中途採用者)
  • ・現場への導入
  • ・回復期リハビリテーション病棟の概要と業務
  • ・安全なトランスファー(移乗動作)/ADL(日常生活動作)別介助技術
  • ・リハビリシステム機能
  • ・カルテ記録の見方・記録用紙の記入の仕方
  • ・入院カルテの概要
  • ・医療の知識 緊急コールについて
  • ・介護の技術 食事介助/口腔ケア/おむつ交換/陰部洗浄/寝衣交換/体位変換
  • ・看護の技術 気管・口腔・鼻腔吸引・経管栄養/浣腸・導尿・膀胱内留置カテーテル/ゆりりん(膀胱内尿量測定器)の使用方法/採血・注射・点滴/血糖測定とインスリン療法
  • ・リハビリ業務見学
  • ・プリセプティーフォローアップ(1・3・6・9・12か月)
  • ・夜勤前患者体験
Ⅱ 共通分野
  • ・平成31年度看護部方針 (本年度反省と次年度の目標設定)
  • ・FIMの評価
  • ・重症度、医療・看護必要度
  • ・プリセプター動機付け
  • ・認知症患者に対する実践的な支援
Ⅲ ラダー分野
  • ・リハマインドを磨く
  • ・コミュニケーションスキルアップ
  • ・キャリア形成
  • ・反転学習
  • ・リスクマネージメント -転倒・転落に強くなるー
  • ・救急看護 BLS/AED
  • ・プリセプターフォローアップ(3・6・9・12か月)

介護福祉士院内研修一覧

Ⅰ 新規採用者
  • ・新規採用者オリエンテーション (本年度採用者および、前年度中途採用者)
  • ・現場への導入
  • ・回復期リハビリテーション病棟の概要と業務
  • ・安全なトランスファー(移乗動作)/ADL(日常生活動作)別介助技術
  • ・リハビリシステム機能
  • ・カルテ記録の見方・記録用紙の記入の仕方
  • ・入院カルテの概要
  • ・医療の知識 緊急コールについて
  • ・介護の技術 食事介助/口腔ケア/おむつ交換/陰部洗浄/寝衣交換/体位変換
  • ・看護の技術 気管・口腔・鼻腔吸引・経管栄養/浣腸・導尿・膀胱内留置カテーテル/ゆりりん(膀胱内尿量測定器)の使用方法/採血・注射・点滴/血糖測定とインスリン療法
  • ・リハビリ業務見学
  • ・プリセプティーフォローアップ(1・3・6・9・12か月)
  • ・夜勤前患者体験
Ⅱ 共通分野
  • ・平成31年度看護部方針 (本年度反省と次年度の目標設定)
  • ・FIMの評価
  • ・感染対策
  • ・プリセプター動機付け
  • ・認知症患者に対する実践的な支援
Ⅲ ラダー分野
  • ・医療従事者としての接遇
  • ・医療現場でのクレーム対応
  • ・心のサイン・ストレスに気づくためにできること
  • ・リスクマネージメント -転倒・転落に強くなるー
  • ・救急看護 BLS/AED
  • ・プリセプターフォローアップ(3・6・9・12か月)

2.学研ナーシングサポート

個人のIDとパスワードを入力し、インターネット(PC、スマートフォン、タブレット)によるライブ配信(生中継)のほか、ビデオオンデマンド(24時間アクセス可能な録画データ配信)で好きな時間にどこででも学習することができます。
配信テーマは全121テーマあります。看護師のほか介護福祉士や看護補助者の方も活用できる内容になっています。

配信テーマの一例

コース名 テーマタイトル
基礎習得
  • ・「解剖生理学」と「エビデンス」から採血を学ぶ
  • ・嚥下障害がある患者のための食事介助
  • ・安全な吸引・排痰を行うための手技とコツ

他15テーマ

中堅
  • ・臨床推論~ベッドサイドでどう進めるか~
  • ・回復期リハビリテーションでの脳卒中看護とADL評価

他20テーマ

看護管理
  • ・医療人に必要な「社会人基礎力」の育て方
  • ・次世代の病棟管理者の育成

他4テーマ

リーダー育成
  • ・新人&後輩看護師の学びを助けるコミュニケーションの極意

他5テーマ

看護補助者研修
  • ・医療制度の概要および病院の機能と組織の理解
  • ・守秘義務、個人情報保護の基礎知識

他15テーマ

看護研究
  • ・研究デザインを理解する
  • ・文献の読み方~量的クリティーク~

他17テーマ

重症度・医療・看護必要度
  • ・ここが変わった看護必要度のポイント
  • ・根拠となる看護記録の書き方

他2テーマ

院内全体研修
  • ・医療安全4テーマ
  • ・感染対策4テーマ
  • ・個人情報・情報管理2テーマ
  • ・倫理1テーマ
  • ・接遇・クレーム対応2テーマ
  • ・連携4テーマ
  • ・認知症5テーマ
  • ・診療報酬3テーマ

他4テーマ