本文の開始

リハビリテーションご案内

Rehabilitation

回復期リハビリテーションとは


■ 概要

当院は、脳卒中や大腿骨近位部骨折などの運動器疾患、また手術後における廃用症候群の患者さんが回復期リハビリテーションを中心とした医療をうけています。

一人の患者さんに対して、365日体制で充実した質の高いリハビリテーションを提供しています。また医師・看護師・療法士・MSW・栄養士などの多職種による定期的なカンファレンスを行い、疾患治療、日常生活動作能力の向上や家庭復帰、さらには社会復帰を目指したチームリハビリテーションを集中的かつ効果的に提供することを最大目標にしています。

PageTop

■ 回復期リハビリテーションとは



PageTop

■ リハビリテーションの内容

厚生労働省の定める制度により、一般病棟では、1日最大2時間までのリハビリしか行えませんが、回復期リハビリテーション病棟に限って、1日最大3時間までのリハビリができます。

回復期リハビリテーション病棟では、患者さんの日常生活能力を高め、自宅へ退院できるよう、より濃厚で、よりきめ細かな患者さん個別の状態にあったリハビリプログラムや病棟での取り組みを実践しています。

リハビリ場面で行えるようになった能力を、病棟でのトイレや食事、入浴などの場面でくり返し、実際にしている能力として定着できるお手伝いや、自宅の環境を整える手助けや、退院後の生活への指導やアドバイス、脳梗塞などの再発防止の指導など、これら全てをトータルに提供することが、回復期リハビリテーション病棟でのリハビリの特徴です。

PageTop

■ リハビリテーションスタッフ

リハビリテーション科医師や主治医がリハビリテーションの目標設定やリハビリのプログラムを計画します。その後、3種類のリハビリ専門スタッフと回復期リハビリテーション病棟スタッフ(看護師・介護スタッフ)が多方面から指導援助します。

当院では、リハビリ専門スタッフとして、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)の3つの専門スタッフが多数います。(各療法士の説明はトップページにてご参照ください)この中にはリハビリ経験も様々で、20年近い経験のあるスタッフから20歳代のスタッフまでおり、一般病棟のリハビリや訪問リハビリや介護施設のリハビリ経験者もいます。

また、当院では看護師や介護スタッフが、リハビリで出来るようになった日常生活動作を実際に「している動作」として定着できるように、生活の中でのリハビリを実践しており、病棟スタッフもリハビリスタッフと考えております。

PageTop


ページの終了