本文の開始

部門のご案内

今般、平成26年6月1日より通所リハビリテーションを開設しました。医療保険だけではなく、介護保険からも地域に貢献していきたいと考えております。


通所リハビリテーションの特徴
機能回復自立支援をサポートします。
担当する療法士は、併設する回復期リハビリテーション病院に従事しています。専門的知識や科学的根拠に基づき、個人にあわせたプログラムを提供します。

安全管理を徹底しています。
併設する医療機関には、医師、看護師等が常勤していますので、もしもの時にも安心してリハビリを受けることができます。

1 クール 午前 9時00分 〜 午前10時15分
2 クール 午前10時30分 〜 午前11時45分
3 クール 午後 1時15分 〜 午後 2時30分
4 クール 午後 2時45分 〜 午後 4時00分

各クールの定員は、9名となります。

営業時間 午前8時30分〜午後5時30分
月〜金 国民の休日及び12月30日〜1月3日を除く
1時間以上2時間未満の短時間の通所リハビリテーションを提供します。
個別リハビリ20分(基本)目的にあわせて理学療法士、作業療法士、言語聴覚士のいずれかが対応します。
個別リハビリ以外の時間は、マシントレーニング及び自主トレーニングを実施します。
毎回、体温、血圧測定を行い、当日の通所リハビリテーションに適しているかどうかをチェックします。
送迎の範囲は、西区となります。それ以外の方は、相談させていただきます。
無料駐車場が完備されていますので、本人の運転、ご家族の送迎でご利用できます。

ご利用ができる方

介護認定を受けている方。
移動、排泄管理が自立されている方。
リハビリに意欲的な方。
マシントレーニング等、自主トレーニングができる方
上記以外の方でも、興味のある方はご相談ください。
【マシン機器の紹介】

背中の筋肉を強化して、高齢者特有の円背(猫背)を予防・改善します。

 

腰まわりの筋肉を強化して骨盤の安定性を高め、歩行や片足立ちのふらつきを解消し転倒を予防します。

 

運動負荷をかけ持久力を養います。また、効果的な有酸素運動を行います。

 

下肢筋全般の筋肉を強化し、立ち上がる、座る、しゃがむ、歩く等の動作、日常生活に必要な筋肉を強化します。

 


 

太もも筋肉を強化し、可動域拡大により歩幅も広がり膝が安定し、階段の上り下りもスムーズになります。

 

【 連絡先 】
通所リハビリを利用してみたい、興味がある、

見学してみたいなど、まずは、お電話を下さい。

社会福祉法人 済生会支部
愛知県済生会リハビリテーション病院

052−571−5280(通所リハビリ直通)

052−571−5251(代表)



PageTop


ページの終了